クレジットカードが決済できない時に慌てないためにはパターンを知っておくと良い

手持ちのクレジットカードが決済できない時には、焦ってしまいがちですが実際にはエラー原因を突き止めることが出来れば慌てる必要がありません。

最も多いパターンとして、そもそも向きが逆だった場合など様々な原因を知っておくだけでスマートな受け答えが出来ます。

銀行キャッシュカード一体型はクレジットカードの向きに注意

店頭にてクレジットカード決済できない場合には、そもそも銀行キャッシュカードと一体型のクレジットカードを使っているとカードの向きを間違える人が多いことが原因です。

店員に渡してクレジットカード決済する際には、カードの向きについて一言添えるだけでエラーを防げるので、先に伝えておくと良いでしょう。

可能な限り眼の前で端末を操作してもらえるようにすれば、カードの向きを一緒に確認出来ます。

海外利用時は決済システムがエラー発生中の場合がある

海外でクレジットカードを利用する際には、国際決済ブランドシステムが通信エラーを起こすことが珍しくありません。

このため、海外でクレジットカード決済できない状況を防ぐために、VISAとMASTERの2種類の国際決済ブランドマークが付いているクレジットカードを1枚ずつ用意しておけば、エラー時にクレジットカードを変えて決済依頼可能です。

インプリント方式では、後日忘れた頃に請求が来てしまうのでなるべく避けたい方法です。

利用限度枠確認のためにWEB会員画面へログイン出来るようにしておく

家電量販店などでよくあるケースとして、大口の買い物を行った結果、一時的に利用限度額を超えてしまったためにクレジットカード決済できないことがあります。

消費税を外税方式としている場合には、提示された金額と決済額にズレが出ることも多いので、利用限度額の残りを確認するためにWEB会員画面へすぐにログインできる状態にしておくと良いです。

利用限度額が表示されていて、クレジットカード決済出来ない場合には、カード裏面にあるカード会社へ電話連絡して決済出来ない原因を聞いてしまう方法も使えます。

一時的に利用限度額増枠を行ってくれるケースもあるので、カード会社のカスタマーセンターへの電話連絡は遠慮なく行ってみると良いでしょう。

まとめ

クレジットカード決済できない場合には、エラーが発生するパターンを予め知っておけば、慌てること無く買い物がスムーズに行えます。

慌てていると気づかないことであっても、事前に起こり得るパターンを知っておけば何ら問題なく決済可能です。

いざという時には、カード会社へ電話連絡して対処方法を聞いてしまえば、安心して買い物を続けられます。

pleja.net

Author
No description.Please update your profile.

View all post by pleja.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です